消費者金融からお金を借りるのは悪いこと?

消費者金融の上手な利用の仕方

 

消費者金融からお金を借りるのは悪いこと?

消費者金融からお金を借りているので、毎月二万円の返済のために節約をしています。元々、消費者金融を利用するくらいですので決して生活に余裕がある訳がなく、返済のための二万はとても大きく感じています。この二万円が無ければ生活に余裕ができて、外食をしたりジュースを飲んだり、温かい洋服が購入できるのでは、と思っています。

 

しかし、消費者金融に決して罪は無く、こうして困窮をした生活をしているのは全て私の無計画のせいです。日頃から貯蓄をしておれば、消費者金融からお金を借り入れずに済んだのです。私は消費者金融の利用が下手の部類であるとしか思えないのですが、世の中には実に上手く消費者金融を利用している人がいるようであり、そういった人は消費者金融でお金を借り入れても自分の生活に合わせて返済をしているので全く窮屈な思いをしていないようです。

 

私もそのように上手く消費者金融が利用出来るようになれば良いのに、と色々とお金に対しての勉強をしています。消費者金融を利用する際に、利息についてなどあまり確認をせずに借り入れをしたのもいけなかったな、と反省をしています。なるべく利息が安い会社を利用すればそれだけ返済が楽になるのです。

主婦でも借り入れができた消費者金融

 

消費者金融からお金を借りるのは悪いこと?

私は主婦をしているのですが、欲しい物があった際に旦那にねだるのが引けたので消費者金融でお金を借りて購入しました。お金が欲しくなった際に、消費者金融についてインターネットで調べたのですが、大抵の消費者金融業者は主婦でも借り入れができる、といった発見をして驚きました。主婦というと、旦那の給料だけに頼って生活をしている身であり日々消費をするだけの職業です。つまりは無職ですね。

 

そんな無職である主婦でも消費者金融で10万円を借り入れできたのです。これはあまりにも嬉しくて、一回のみならずそれ以降も時折消費者金融を利用してお金を引き出しています。お金を引き出している、と記載しましたがこれは消費者金融はまるで銀行のATMと同じような感覚でお金を借り入れできるので、自分の預金からお金を引き出しているようなお手軽な気分なのです。

 

一度消費者金融を利用してしまえば、罪悪感やうしろめたさといった感情は一切感じなくなり、自由にお金が利用できるようになり便利です。使用用途の制限もあまり無いようであり、私はお金を借り入れる理由は、欲しい物を購入したいからであると正直に記入をしましたが、すんなりとお金を貸してくれました。

二位